カルロス・ゴーン被告の保釈取り消し!それでもレバノン市民は被告を歓迎⁈

NEWS&TOPICS

年が明け、令和二年の子年の新年を迎え、なんだか清々しい晴れやかな気持ちですね。

そんな元旦早々の現在も、ヤフーニュースや各種メディアではカルロス・ゴーン被告の話題で持ちきりのようです…

いくつか気になるニュース内容がありましたので、ピックアップしてまとめてみました。

 

>>>弘中弁護士も寝耳に水⁈の記事はこちら

ゴーン被告の保釈取り消し

東京地裁は2019年12月31日の大晦日の夜、日産前会長のカルロス・ゴーン被告についての保釈取り消し決定をしていたそうです。

保釈条件の中に「海外への渡航禁止」も含まれていたそうで、それを守らず31日にレバノンで「日本の不公正と政治的迫害から逃れた」との主張しているそうで、そのため東京地検が被告の許可取り消しを求めていたのが今回の騒動の一端だそうですね。

参考資料はこちらのニュース記事です↓↓

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00010000-houdoukvq-soci
エラー|NHK NEWS WEB

それにしても保釈金の15億円没収とサラリと報道されていますが、一般庶民の私には金額に検討もつかないほどです… 重大案件ということだけ把握しやすい目玉の飛び出そうな内容です。

ゴーン被告はレバノンに合法入国していた

少し意外な発表に驚く方も少なくないのではないでしょうか?

レバノン政府からの31日の公式発表で「ゴーン被告は合法的に入国した。法的措置は必要ない」と29日深夜から30日に入国していたことを認めました。

レバノンの治安当局者によりますと、ゴーン元会長とみられる人物は経由地のトルコからプライベートジェットでベイルートに到着した際、搭乗者名簿にゴーン元会長の名前はありませんでしたが、入国の際には、ゴーン元会長の名前が記載されたフランスのパスポートが提示されたということです。

参考資料はこちらのニュース記事です↓↓

エラー|NHK NEWS WEB
Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

人それぞれ価値観や感覚が異なるように、国によっても捉え方が異なっていても自然なことなのかもしれませんね。ちなみにフランス政府は今回のゴーン被告の極秘出入国に際しての関与を否定しています。

参考資料はこちらのニュース記事です↓↓

仏外務省、ゴーン被告の出国「知らなかった」 関与否定:朝日新聞デジタル
 フランス外務省は12月31日、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長がレバノンに逃亡したことについて「日本を出国したことを仏当局は知らされていなかった」との声明を発表した。 声明ではゴーン前会長について…

それでもゴーン被告の出国に疑問の声

どうやらレバノンの外務省の声明ではゴーン被告の日本からどうやって出国したのかは不明のままだそうで、楽器ケースに入っていたなど様々な憶測が囁かれているままだからか、レバノン政府の発表後も様々な根強い疑問の声が上がっているようです。

保釈そのものに対する疑問の声や、プライベートジェットだからと言って両国の審査通過せずに出入国が可能なのかといった内容です。

参考資料は以下のニュース記事です↓↓

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000030-mai-soci

確かに…プライベートジェットだろうが一般旅客機だろうが、本来はしかるべき審査を通過しないと出国も入国もできないハズですよね…?

ゴーン被告をレバノン市民は大歓迎⁈

レバノンでも天才的な起業家として知られるゴーン被告ですが、レバノン市民の一人として歓迎する声も多数あるそうですが、中には泥棒だなんて声も上がるなどで、被告の出入国に対しては現地でも賛否が分かれているようです…。

参考資料は以下のニュース記事です↓↓

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00000005-jij_afp-int

アウン大統領と面会し、政府から厳重な警備を受けているとの報道も出ているからか、実際の姿はレバノンの自宅からも確認されてはいないようですね。

ゴーン被告の今後は?

そもそも日本とレバノンは容疑者の身柄の引き渡しに関する条約を結んでいないようで、今後、日本が身柄の引き渡しなどを求めたとしても、レバノン側の協力が得られるかは不透明なままのようです。

参考資料は以下のニュース記事です↓↓

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
ゴーン被告、裁判開けぬ可能性 異例保釈「大変な結果」:朝日新聞デジタル
 保釈中だった日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が、レバノンに逃亡したことが明らかになった。海外への渡航が禁じられるなか、出国審査をどうくぐり抜けたのか。刑事裁判の行方はどうなるのか。世界…

まとめ

いかがでしたか?

どうやらカルロス・ゴーン被告の今後の展開は政治的な意味でも波乱もありそうな…

様々な角度から謎が謎を呼ぶ今回の事件に関してニュース報道も加熱する中、新年早々から目が離せませんね。

 

ご覧下さりありがとうございました!

See you later!

コメント

タイトルとURLをコピーしました