バレンタインあるあるの【サプライズチョコは失敗例が意外と多い⁈】その理由

LOVE (ココロ)
ピンクや赤のハート模様のポスターなどが散りばめられ、甘〜い香りも漂う街中はすっかりバレンタインムード一色、今年の2月14日は金曜日です。

そんな中「せっかくのバレンタインイベントだし」と、とっておきのチョコを用意して片思いする相手に思い切ってサプライズのアプローチを計画している女性もいらっしゃるかと思います。

今回はそんな【サプライズチョコ】は意外と失敗が多かったりするので、先人たちの轍を踏まないように実際にサプライズされた側の声を集めてみました。




続きを読む




【サプライズチョコ】実際に渡された人の気持ち

ドキドキワクワクしながらサプライズ当日を楽しみに待ち焦がれる方も多いですが、サプライズされたほとんどの男性が理解に困っていたようですので、その内容をお伝えします。

すでに特定のパートナーがいる男性

ごく一部の浮気や不倫相手を探し求めている男性にとってはラッキーパンチのようにも映るようですが…

「妻(彼女)以外からもらうのは、正直迷惑だった」
・パートナーを心から、愛し大切に想う誠実な男性達にとっては「パートナーに不安や誤解を与えたくないし、他に興味ない」と、聞いているこちらがキュンとする美しい心を垣間見れました。
「自分の選んだ相手がこーゆータイプじゃなくてホッとした」
・常識やマナー&思いやりを大切にする男性達にとっては「既婚未婚(彼女有無)も確かめずにデリカシーがなく一方的」とガサツに映り、選んだパートナーへの尊敬や愛を深めるようです。
「相手がいるって知っているのに、個別で渡そうとしてくる意味がわからない」
・妻(彼女)の存在を知りながらのアプローチは略奪行為のようにはしたなく映り、拒絶反応すら示すようで「人としての品性を疑う」など人格を問題視し、その後もかなり警戒するようです。

 

「自分の存在を知りながら個別チョコを渡して来る女性に好感を抱きますか?」
「自分に知らせても知らせなくても、パートナーが受け取っていたら嬉しいですか?」
あわよくば感を狙い行動を取ろうとする人もたまにいますが自分がパートナーの立場だったらをよく考えてみてください。
”人の幸せに水を差す=自身の幸せを遠のかせるだけ”ですから、相手がいそうな男性には自粛するか、教室やデスクに「よかったらどうぞ」とそっと置いておくのが無難そうです。




続きを読む




存在を知っている人から

単純にイベント満喫するタイプ&もらった数を競うタイプからは好評でしたが

「自己満足に付き合わされてる感がして、付き合いたくはないと思った」
・相手の気持ちを確かめずに行う自分本位で見切り発車な行動に映るようで「どんなに可愛くてもNG」と一刀両断でした。実際にお付き合いした場合をきちんとイメージしてくれたようですね。
「あざとさが何か無理って気がした」
・吊り橋効果を狙うように映るようで、その計算高さが不評でした。クリスマスのイベント便乗感が透けて見えるような唐突にLINEを送って来る男性が嫌がられるのと同じ理由かもしれないですね。
「あまりよく知らないし興味ない子から貰っても…」

突然の行動にビックリして嬉しいとかの感情より困惑orフリーズ状態なようで「断るのもかなり気まずい」と思いながらも、その場は喜ぶフリをして内心は渋々の対応のようです。

 

「自分が気になる人以外からだったら、その行動に好感を抱きますか?」
「YESorNOを言いやすい、自分の気持ちを尊重してくれている行動に感じますか?」
気になるあの人にアプローチって青春ドラマのようでときめいたりしがちですが自分がされる側の立場だったらをよく考えてみてください。
ちなみに手作りに対してはほとんどの回答者がNG連発でした。ほぼOKが見込める状況でない場合は、クラスや部署の全員にフラットに配った方が無難そうです。




続きを読む




見ず知らずの人から

「全然知らない人にいきなり渡されて、顔すら見れなくて唖然とした」
・最低限のコミュニケーション必須です…意思疎通なく渡された男性達にとっては「謎の人物から謎の物体を受け取った」意味不明さにフリーズし、好意印象は全く残らなかったようです。
「自分宛かも書いてなくてどうして良いのか、お返しにもかなり困った」
・慌ただしく渡され「謎のLINEIDが書いた手紙に自分宛かは書いてなかった」ことで意味不明さにフリーズし、律儀な男性達はホワイトデーのお返しも出来ずに苦慮したようです。
「ただただ怖いし相当迷惑。少女漫画のヒロインにでもなったつもり?」
・ストーリー内ではときめきシーンでも、男性達には自己中心的な行動に思われたようで「人としてあり得ないし本当無理。即捨てた」とかなりハッキリと拒絶反応を示されていました。

 

「見知らぬ男性から突然何かを渡されたら、自分ならそれを受け取りたいですか?」
「自分なら知らない人が前から自分を知っていたことを、好意的に受け取れますか?」
少女漫画では確かにこの胸キュンのアプローチはあるあるですが自分がされる側の立場だったらをよく考えてみてください。
言いづらいですが…これは大前提”気になるあの子から”限定です。玉砕覚悟でない場合はチョコを渡す前に関係性の構築して相手に安心感や信頼感を持ってもらうことが最優先です。




続きを読む




せっかくのアプローチを後悔しないために

実際サプライズされた人たちの声を聞いた後は、せっかくのサプライズチョコに困惑されない方法を考えてみました。

サプライズを仕掛ける側はウキウキワクワクですが、愛し合っているカップルでさえ予期せぬプロポーズが原因でお別れに至ってしまうことがあるくらい、相手が最初から期待していなければ場の空気に押されて断りづらいため迷惑行為にさえ思われがちです…。
渡したい気持ち&シチュエーションを最重要視せずに、相手の立場や気持ちを尊重できているかよく考える
自分の想像するシチュエーション&展開は、必ずしも相手が望むモノではないことを理解する
もしも相手が受け取りたくない気持ちの場合を考えて、相手に気まずさを感じさせてしまわないよう、せめて人目を避けたりSNSで暴露しない
もしも相手が受け取ってくれないor答えがNOの場合、気持ちもチョコも押し付けずに、例え気まずくなったり関係性が終了しても相手を責めない

特に4つ目は見逃せませんよね。

個人的にはサプライズはカップルになれて、もしも相手男性がサプライズ好きだった場合の楽しみに取っておいた方が「エゴの押し付け」なんて思われずに最悪の事態も避けられるかな⁈と周囲の声を聞いていて思いました。




続きを読む




おわりに

いかがでしたでしょうか?

恋する気持ちが暴走しすぎたり”やらかし大事件”になってしまわれないよう、一旦アクセルを緩めてじっくり考えてみるのも一つかもしれないですね。

最高のハッピーバレンタインになりますように☆

 

ご覧下さりありがとうございました!

See you later!

コメント

タイトルとURLをコピーしました