旨辛エスニックなカップ麺【日清カップヌードル トムヤムクンヌードル】

NEWS&TOPICS


食事の用意が面倒なとき以外にも、災害時に水調理で済んだりそのまま食べることも出来てしまう平時も非常時も便利なカップ麺、その王道を走り続ける日清カップヌードル。

 

個人的に海外旅行の楽しみの一つが現地スーパーでの買い物なのですが…辛い食べ物が極端に不得意な私がなぜか購入した、タイのトムヤムクンヌードルに出会って以来、通販で取り寄せるほど好きです。

つい先日、日本版も辛さや味こそ違えど存在すると知った私は今回、今更感満載で

  1. トムヤムクンヌードルについて
  2. トムヤムクンヌードル作ってみた
  3. 人気のカップヌードルチャーハンの作り方

をお話ししたいと思います。




続きを読む




カップヌードルのトムヤムクンヌードルについて

日清カップヌードルの種類は国内販売向けレギュラーサイズのみで、なんと現在23種類もありました。

トムヤムクンの本場タイで製造販売されているタイプより刺さるような辛さはないものの、濃厚でとてもクリーミーで、トムヤムクンらしい酸味もしっかり効いています

価格

✅希望小売価格193円(税別)

販売地域

✅全国

内容量

✅75g(麺の量は60g)

ポイント

✅別添え(フタの上に貼り付けてある)トムヤムペーストで辛さ調整OK

✅新製法によるフレッシュな香りと色合いにこだわったパクチーでさらに本格的な味わい

原材料

油揚げめん(小麦粉・植物油脂・食塩・たん白加水分解物・しょうゆ・香辛料)、スープ(トムヤムペースト・乳等を主要原料とする食品・糖類・食塩・デキストリン・唐辛子調味油)、かやく(味付えび・マッシュルーム・赤唐辛子・パクチー)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酸味料、炭酸Ca、かんすい、香辛料抽出物、カロチノイド色素、増粘多糖類、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、炭酸Na

💡アレルギー食品(小麦・乳製品・海老・鶏肉・大豆・ごま

栄養成分

栄養成分1食(75g)当たり
熱量354kcal(めん&かやく299kcal/スープ55kcal)
たんぱく質7.8g
脂質16.0g
炭水化物44.6g
食塩相当量5g(めん&かやく1.7g/スープ3.3g)
ビタミンB10.94mg
ビタミンB20.24mg
カルシウム83mg
※必要なお湯の目安330ml

 

>>>トムヤムクンヌードルの詳細は公式ページ↓

カップヌードル トムヤムクンヌードル
辛みと酸味をきかせたクリーミーで濃厚なトムヤムクンスープはそのままに、新製法によるフレッシュな香りと色合いにこだわったパクチーでより本格的な味わいになりました。

>>>他のラインナップやオンラインストアは公式サイトTOPページ↓

日清食品グループ
日清食品グループのウェブサイト。製品情報をはじめ、CMやキャンペーンなどの情報が満載です。ほかにも、お客さまに安心してお召し上がりいただくための「食の安全」に対する取り組みも紹介しています。

>>>楽天の「日清トムヤムクンヌードル」はこちら

>>>Amazonの「日清トムヤムクンヌードル」はこちら

>>>Yahoo!の「日清トムヤムクンヌードル」はこちら

都内のコンビニ&スーパーでもカップヌードルだけで膨大な種類があるため、店舗により取扱いがあったりなかったりなので、お探しが面倒な場合には公式オンラインや通販が便利です。




続きを読む




トムヤムクンヌードル作ってみた

「今更何なのこの人⁈」って感じですが、トムヤムクンヌードルを写真を撮りながら作ってみました。

コツは一切ありませんが、ある日を境に無期限で料理休止してウーバーイーツをキッチン替わりにしている私にとっては、カップ麺作りはかなり気合いを入れて頑張らないと食べられないハードルの高い食品です…。
【用意するもの】
✅熱湯(私はダルイのでケトルで沸かします)
✅お箸やフォークなどのカトラリー
さあ、いよいよ単なるカップ麺のクッキングです。
【手順】
⑴ オレンジ&クリアのシールを剥がして手とかに貼り付けておく
⑵ 透明フィルムを剥がす
⑶ フタを半分開ける(付属のトムヤムペーストは貼り付けたまま)
⑷ お湯を内側のラインまで注ぐ
⑸ フタの先端にシールをペタッと貼り、待つこと3分
⑹ フタを開け、お好みでトムヤムペースト投入
⑺ 完成
💡もしまだお腹に空きがありましたら、食べ終わったカップヌードルのスープ+具材を耐熱容器に移し、溶き卵1個分を加えてラップをかけて電子レンジで約1分で完成するお手軽茶碗蒸しが、とても簡単で美味しいのでオススメです。
少し前までとある人物の帰宅時間ピッタリに毎日、土鍋でご飯を炊いていた私は今やカップ麺すら作るのをためらうレベルで人って変わりますね…食べ方のオススメはペーストを控えめにし、物足りないようでしたら足す方が失敗しないです。




続きを読む




バズってた『カップヌードルチャーハン』の作り方

そのままでもとっても美味しいカップヌードルですが、簡単なアレンジを加えてみても楽しくて美味しいです。

既に作り方動画もたくさんありますが、アレンジメニューを大人気ユーチューバーのヒカキンさんもユーチューブで紹介されていたので、ピックアップしました。

【材料】

  1. お好みのカップヌードル
  2. 麺をふやかす用のお水(麺が被るくらいの量)
  3. ごはん(お茶碗一杯分)
  4. 卵(溶き卵1個分)
  5. ネギ
  6. 炒め用の油(適量)

【必要な道具】

  1. ジップロック
  2. フライパン
  3. ヘラ
  4. お皿
  5. スプーン(レンゲ)
  6. その他(卵を入れる器など)

【手順】

  1. ジップロックの中にカップヌードルの中身を全部入れ、手で簡単に砕く(別添ソース除く)
  2. カップヌードルの容器に麺や具材を戻し、水を麺に被るくらいのお水を入れる
  3. フライパンを強火に温め、炒め油を入れる
  4. フライパンに溶き卵を入れ、すぐにごはんを入れる
  5. ごはんと卵を軽くほぐしたらふやけたカップヌードルを入れる
  6. ネギを入れて、カップヌードルの水分が飛ぶまで炒める
  7. 器に盛り完成

💡動画では7種類のカップヌードルの中からヒカキンさんのお気に入りNo.1のカップヌードルチャーハンも紹介されていて面白い内容です↓↓

【超簡単】カップヌードルチャーハンを7種類作って1位を決めたらまさかの結果に!!【炒飯】

 

引用:YouTube 公式チャンネル(HIKAKIN TV

個人的にチャーハンってものすごく難易度高く感じていましたが、今すぐ材料買いに走りたくなる動画ですね。カップ麺チャーハンって、そばめしみたいな雰囲気に仕上がるんですかね? 片付けダルイけど美味しいもの好きとしてはkになります。




続きを読む




おわりに

いかがでしたでしょうか?

正直、アジア圏で売っているトムヤムクンと日本国内販売向けのトムヤムクンヌードルは似て非なるものですが、それぞれとても美味しいです。

トムヤムクンや旨辛い味付けがお好きな方は、よろしければ食べ比べてみてください。

よろしければリンク貼っておきますので、チェックしてみてください↓↓

  

ご覧下さりありがとうございました!

See you later!

コメント

タイトルとURLをコピーしました