今年の【天皇誕生日】は何月何日なのか、ちゃんと言えますか?【国民の祝日】

NEWS&TOPICS
去年まで【天皇誕生日】は12月23日でしたが、令和2年の今年から2月23日に変わります
せっかくの一般参賀も、新型コロナウィルス(新型肺炎)拡大を考慮して宮内庁から急遽中止の報道がありました。
>>>詳細は宮内庁ホームページ

 

天皇誕生日は、日本国家の祝日(ナショナルデー)という有り難い日なので

今回は

  1. 今年からの天皇誕生日は何月何日?
  2. 天皇誕生日っていつからあるの?
  3. 皇后陛下の誕生日は祝日じゃないの?

を調べてみました。




続きを読む




今年からの天皇誕生日は何月何日?

皇太子徳仁親王は今上天皇は徳仁(なるひと)天皇陛下に即位され、平成の象徴だった先代天皇は退位され、昭仁(あきひと)上皇となりました。

第126代目の今上天皇(きんじょうてんのう)が2019年5月1日(水)に即位し、元号が変わり令和元年になりました。即位後初の【天皇誕生日】は2020年2月23日(日)です。
ちなみに今上天皇の生年月日は1960年(昭和35年)2月23日です。
去年まではクリスマスイブの前日が祝日でしたが、今上天皇の在位中は変わらず2月23日ですから、うっかり間違えないように過ごしたいですね。




続きを読む




天皇誕生日っていつからあるの?

もともと天皇誕生日は、昭和23年(1948年)までは、天長節(てんちょうせつ)と呼ばれていました。

今では天皇の誕生日を祝うための日として、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条で制定されました。
天皇誕生日の主な行事として
✅天皇のお住いの皇居宮中で祝賀の儀・宴会の儀・茶会の儀・一般参賀
✅伊勢神宮や各地の神道神社で天長祭
✅海上自衛隊で基地や一般港湾に停泊している自衛艦で満艦飾
✅世界各国に駐在の日本大使館の在外公館でナショナルデーのお祝い(当日ではない)
💡ちなみに、他の君主制国家(イギリスやタイなど)の国王誕生日と同じく、在位中の天皇の誕生日に合わせて変わります。(共和制国家では初代大統領や国家元首の誕生日だけが祝日指定になっている事が多い)
一般市民にはあまり関係がなさそうな日本の象徴のお誕生日ですが、一般参賀に参加を望む方は意外と多く、毎年の芳名を樂しみにしている方も大勢いらっしゃいます。




続きを読む




皇后陛下の誕生日は祝日じゃないの?

残念ながら皇后誕生日(こうごうたんじょうび)は祝日ではありません。

皇后誕生日は地久節(ちきゅうせつ)と呼ばれるそうですが、第二次世界大戦前から国家の祝日にはなっていないそうです。

皇室ファンの中には聡明でお美しさが際立つ雅子皇后ファンも多く、誕生日を祝いたいとの声もあるそうですが、今後変わる事があるのか注目したいですね。

ちなみに1963年(昭和38年)12月9日のお生まれです。




続きを読む




おわり

いかがでしたでしょうか?

去年まで12月23日=天皇誕生日でしたが、今年からは平日扱いになってしますので、くれぐれもスケジュール管理のうっかりミスに注意したいですね。
今年の国民の祝日は日曜日ですから2月24日は振り替え休日です。
まだあまり実感がわかない方も少なくないかと思いますが、新元号がやってきたことで迎えられる祝日ですから、ぜひとも有意義に過ごしたいですね。

 

ご覧下さりありがとうございました!

See you later!

コメント

タイトルとURLをコピーしました