【不要不急の外出】を控えて【運動不足&ストレス爆発】の解消になる方法

NEWS&TOPICS


ニュースを見てもWHO・政府・海外情勢・オリンピック・物資など多岐に渡りますが、どれもこれも新型コロナウィルスCOVID-19関連のものばかりで、心身の健康が保つ必要があります。

こんな状況下ですから、私自身も

無症状の感染者だったら周囲に迷惑&罪悪感にきっと耐えられない
肺炎&髄膜炎などになりたくない&自分の身は自分で守るもの
ただでさえこの時期は花粉症でしんどい

だったりで、不要不急の外出を極端に控え、引きこもりがちな生活をしています。

 

ストレス発散がてら毎日筋トレに取り組んでいますが、それだけでは心身の健康を維持したり、食制限ゼロの生活はできません。

  • 荷物が重たくしんどくても、マンションのエレベーターは使わず階段利用
  • 徒歩30分圏内くらいであれば電車を使わず、ウォーキングがてら歩く
  • ちょこまか気晴らしの散歩

ですらほとんど外に出なくなり、完全な運動不足を実感する今日この頃です…。

 

慢性的な運動不足は、心身に大きなストレスを与えつくづく悪影響だなと思いつつ、文句を言っても何も好転しないので

今回は

  1. ジムトレーニングとセルフトレーニングの違い
  2. お家の中で気軽に取り入れられる運動

をご紹介していきたいと思います。

マスク緊急手配★ウィルス感染予防にも花粉症対策にも最適♪

除菌率99%の安定型次亜塩素酸ナトリウムのチャーミスト

登録3分・面接なし・履歴書不要単発バイトアプリ「シェアフル」

ジムトレーニングとセルフトレーニングの違い

ちゃんと身につくトレーニングと言えば「ジム通い」してこそ得られるとも思いがちですよね。

何よりの違いは、セルフで行う場合は基本的に本人のヤル気次第でどうにでもなるので、必要最低限の時間やお金のコストだけで自由にトレーニングできます。

ジムトレーニング

各種マシンを直接トレーナーにアドバイスや指示を受けてトレーニングするイメージがあるかもしれませんが、それはかなり一部のジムやプランに限った場合で、一般的にはセルフで行います。

特徴

✅施設利用に際し、事前に会員登録などが必要

✅予約した日時に来店(トレーナー付きの場合はトレーナーのスケジュールに合わせる必要あり)

✅各種トレーニングマシンが並ぶフロアで各自トレーニングに励む

✅基本的にロッカー内の私物以外は他者と共有

✅ジムの価格&エリアにより施設充実度や年齢性別、民度は天と地ほど異なる

✅施設利用時の衣類や履物は各自で準備(レンタル可能な場合も別途費用発生が一般的)

💡地方自治体の運営で出入り自由なケースもありますが、マシン利用時に靴を履き替えるのが最低限マナーで、服装やアクセサリー類も気をつけないと思わぬ事故やケガに繋がり危険です。

必要なもの

✅ジムウェア
✅ジムシューズ
✅スポーツタオル
✅ジムバッグなど
✅シャワー用品
✅メイク用品
✅サングラス
💡その他各自で必要と思うものを各自で用意が必要で、価格帯もピンからキリまでありますが、かっこいい&機能的で耐久性のあるものを探すと意外にお金がかかります。

必要な時間

✅入会&退会手続き
✅事前準備
✅スケジュール調整
✅トレーニング時間
✅往復移動時間

必要なお金

✅会員費(入会金+年会費+会員費など施設により)
✅交通費
✅必要な衣類や靴などの購入費用
✅ドリンク代
✅シャワー&ロッカー代(場所により福利厚生費)
✅トレーナー費用(人により価格差が非常に激しく、人気トレーナーの場合は超高額&予定が組みにくい)
💡会員費や交通費の他にも細々とした出費は意外と多くあります。

ジム通いに向いている人

✅自費負担&自宅設置が難しい、高価で最新鋭のマシンを利用したい人

✅(費用は高額ですが)プロに適切なアドバイスを受けながら理想体型(ボディビルダーや腹筋バッキバキなど)を目指したい人

✅ストイックだったり、自発的に自分の必要とするメニューを調べたり考えられる人(セルフの場合は特に)

✅無理なペース配分をせず、スケジュール調整ができる人

✅会員にさえなれば何とかなる妄想を抱かない(ジムが何とかしてくれると思わない)人

✅人間関係の輪を広げたい人

✅ジム通いそのものをステイタスに思える人

💡ジム通いを始める人は多いですが、途中で挫折し足が遠のき空費用を支払い続ける人も多いのが特徴です。

セルフトレーニング

自分自身のヤル気がすべてで、トレーニング内容の検討から実践まで、すべてが自由=自己責任

特徴

✅自宅で好きな時に好きなように好きなだけトレーニングできる

✅マシンや用具を購入するも良し、一切のコストをかけず行うも良し

必要な時間

✅なんでも無制限なので自分のスケジュールに合わせて自己管理

必要なお金

✅通販が発達してクオリティの高い機械や用具も簡単に手に入るため、必要であれば購入

✅ヤル気やアイディア次第で先行投資ゼロでも行える

セルフトレーニングに向いている人

✅自分で自分に鞭打てるストイックな人

✅必要な情報を自分で精査できて、自分に合ったメニューを考えて実行に移せる人

✅目的意識を持って持続性をキープできる人

💡誰にも言われず黙々とできないと、先行投資で立派な機械や道具ばかり買い揃えたものが深い眠りにつくことになりがちです。

最初は手軽な額の先行投資でプロに習い、一通り習得して自発的に行うクセが付いたらやめると、感染症リスクなく最小コストで最大効果を得る&ストレス発散にもなります。

お家の中で気軽に取り入れられる運動

在宅時間が増えて、食べる量(間食)が増えた意味でのコロナショックを痛感するのは私だけでしょうか?

ジム通いは何かと騒がれている最中にも問題なく行える、自宅で気軽に行えるものを探してピックアップしてみました。


自宅にいながら運動するメリット

感染症&衛生環境の心配不要
自分の好きなタイミング&内容をいつでも取り組める
面倒な人間関係など悩まされる心配がない
事前準備・移動時間・通う手間暇・通うための交通費が不要
年齢性別問わず、周辺環境に左右されずに好きなことに集中出来る
服装・持ち物を用意する必要がなく、すっぴん&部屋着で取り組める
しっかりサポートを得ることで、ぼっちで行うのと違って挫折しにくい
などです。内容や場所によっては
女性専用(男性専用)で参加不可能
偏った性別や年齢層により気まずい思い
トレーニング後に美味しい食べ物や飲み物の誘惑に負ける
などもあるあるですが、自室で行えば他人の目も一切気にせず自分自身に集中できます。

自宅で行える運動あれこれ

お手入れ簡単【家庭用EMSスーツ】

1日たった30分で全身トレーニングが可能!!【Active】

【自律神経のお悩みに】枕を使ったエクササイズ
【スローコア】

自分の姿がバレない機能付きプライベートレッスン【無料体験&月々1,980円】
自宅でできるフィットネスサービス SOELU(ソエル)

5分で1000回【座ったまま歩行不足を補う】運動器具

コンテンツを楽しみながら楽しくトレーニング

AbemaTVの公式サイトはこちらから

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

1冊80円のDMMコミックレンタル!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

なかなか思うように状況が好転しない状態ですが、便利なものを取り入れながら人それぞれに合った方法で、無理なく心身の健康維持や肥満、ストレス予防を心掛けたいですね。

ご覧下さりありがとうございました!

See you later!


コメント

タイトルとURLをコピーしました