ブログを始めたきっかけって何ですか?を振り振り返ってみた私の場合のアンサー

LIFE&THINKING (ココロ)

このブログへ足を運んでくださった皆様はブログ、やってますか??

今やインターネットが普及しているお陰で、いつでもどこでもありとあらゆる情報を得られて、ものすごく便利で有難い時代ですね\(//∇//)\

そんな時代に従来であればごく個人的で独断と偏見に満ちたものすらインターネットを通じて【ブログ】って立派なジャンルも確立させて世界中に大公開している時代ですよね⁈

つい先日その【ブログ】ってワードでググってみたら、出るわ出るわ一生かかってもチェックしきれないほどの企業や有名人著名人、有名ブロガーさんから一般個人さまのものと思われるものまで、とにかくジャンル多彩で膨大なありとあらゆるブログたちよ。。。ε-(´∀`; )

そしてこのブログもそうですが、従来であれば私のような何ら取り柄のない一般人の個人的なしょーもない記事なんてニーズがあるハズもなく、チラシの裏だったりトイレットペーパーだったり⁈日記帳だったりに勝手気ままに書きなぐっておけば済む話で何らプライバシーが漏れ窮地に追い込まれる心配すらないものを。。

何となくのイメージ的にいつか天寿を全うした時に誰かによってその存在を発見されて「この人の生きた足跡はこうだったのね」「本当はこういった人だったのね」だなんてストーリーを生んだり、誰にもその存在を気づかれることもなく葬り去られたり。。。本来そんなノスタルジックにも思えるものをどうしてわざわざ公開しているの??って疑問に思い、私がブログを始めた理由を考えてみたので書いてみました。

 

アンサーとしては、内面的な意味での自分の居場所が欲しかったことと、私のようなどうしようもない間違いを他の誰にも経験して欲しくないと思ったことです。

え???ちょっと意味わからないんだけど?頭大丈夫?。。って感じですよね?(;^_^A

なのでかなり乱長文になりますが恥や批判の声を承知で掘り下げたいと思います。。。

 

正直私のこれまで歩んだ道のりって、何をどう振り返ってみてもあまり良い思い出が見当たらず後ろ暗くて、心から笑えた時間もなく内心うつむいてばかりで独りぼっちでした。

どうしようもなく淋しくてめちゃくちゃ無整頓な気持ちを誰かに打ち明けて楽になりたいと願う一方で、同じくらい表面的な私のイメージ崩壊を恐れて誰にも打ち明けられずに心にブラックホールを作って不都合を葬っては何食わぬ毎日を続けていました。

自分に自信などあるはずもなく、こんな私を愛してくれたり支えて下さった人たちにさえその場に相応しいような嘘をつき嘘を重ね嘘にまみれ身動きも取れなくなりながら、非道に人様を騙し続けても頑なにちっぽけな自分を守ろうと作り出した虚像で本当を隠してピエロのようでした。

良心の呵責に苛まれてもいつしか抜け出す道すら見失い、全くもって嬉しくも楽しくもなく快楽性すらもなくて、なぜ嘘をついているのか考えた時にあまりの身勝手さに震えが止まらず脳に甚大な異常があるか重度の精神的な病気と確信もして熱心に調べては通院すらしていました。

それでも改善の兆しはありませんでした。

単純に医師にすら自己開示できずに表面的に演出した私しか出せなかったからなのか、どこまでも愚かしく醜すぎて見放されたのか。。。

一体今まで何度ピエロの真似事をやめて、人に後ろ指を指され笑われながら憎まれ恨まれながらでも、全て告白してリセットして現実を受け入れありのままの私で正しく生きたいと願い望んだでしょう。

それなのに結局いつもどこかで自分に言い訳し、何も変われずずっといました。

ありとあらゆる馬事雑言の限りを尽くしても、私のしてきたことに値する言葉が見つからないようにさえ思うのは、それほど私のしてきたことは業が深く根も深くて決して許されないことと自覚しています。

 

そんな私が今こうして自分の嘘を暴き自らの殻から抜け出せた理由、それは

人として生まれて初めて本当の意味で人を愛し、誰より好きで何よりも大切で、どこまでも一緒にいたいと心から想える人に出会えたことです。

そしてそれがとても残酷な形で終わりを告げてしまったことでどんなに願っても叶う日が来ないことはないと知り、一生涯気持ちが変わることも癒えることも消えることもないと何より誰より知り、私にまつわるほぼすべてのモノを失い完全な自己崩壊を起こしたことでもあります

 

とても長い間私は、ひたすら一途に気持ちが揺らぐこともなく何年も、たった一人の人を想い続けました。

そのお相手は私に見せる一途で理性的で潔癖で仕事熱心な最高の彼氏の顔とは裏腹に、私を好きなのでは一切なく彼女持ちの自分で居たいだけで、絶望的に膨大な愛欲や性的快楽や金銭欲や何より支配欲に溺れながら決して尻尾を明かさず、完璧なまでの二重生活を営む天才で非常に頭も良く全て伏せたまま両家へ挨拶やプロポーズまで実行してくれました。

けれどどんな嘘も愛する人の仕草や声色、瞳の動きや空気感だったりで最初から見抜いてもいましたし、それでも途切れ途切れながら知っていた底なしに冷酷で空虚な彼の過去を思うと、プライドが非常に高く気高い彼を慮るばかりかお相手の嘘すら心から愛しすぎて身を滅ぼしていました。。

いつもの喧嘩別れからなった最後の話し合いで私は、泣きながらでも最大限の愛や配慮や覚悟を持って、すべての本当を初めて打ち明けました。

すべての嘘を物語る証拠を意図せず持ってしまっていたこと、すべて打ち明けてくれたならばどんなに辛く苦しく絶望的でも受け入れる覚悟があること、そして何より本当がどんな姿であっても誰より好きで愛してもいて一緒にいたい気持ちは変わることはないと。。

ダメでした。。彼は嘘を一切認めず誤魔化したまま本当を闇に葬り、何事もなかったかのように私と一緒にいようと、つまりは私じゃなくて自己保身の嘘を選びました。

惨めで残酷な現実です。。けれど私はそれらの言葉やすべてを受け入れたからこそ答えが聞けた瞬間、生まれて初めての心からのこれほどない愛情を込めて最高の笑顔をその状況で彼に向けました。

私の完全敗北で完全燃焼です。

いつか振り返った時にもしもあの時。。それだけは嫌だったので朝も夜もなくお互いの人生や様々を頭が茹で上がるくらい熟慮に熟慮を重ね、後にも先にももうこれ以上ない人生最大の決断として、私は終わりを選びました

何の数奇な運命の巡り合わせだったのでしょう、他に何もいらないと誓えるほどの一番失いたくない存在が他の誰よりとい存在に変わる日が来るなんて、どんなに身を滅ぼしてももう叶わないなんて。。それまでの私自身の選んで歩んでしまったこれまでの業の深さを思い知るような、これ以上ない大きな天罰が当たったのだろうと砕け散った心を眺めながらつくづく思いました。

そこに至るまで散々泣き喚き身が千切れ破壊破滅願望ばかり浮かべ、強烈な希死念慮にも取り憑かれ、お酒に溺れ筋トレにすがり読書にすがり。。生きる価値すらもなく苦しみもがいて当然のこんな私を目を反らさずに愛し支えてくれる多くの友人知人たちだったり私自身の力で、とても長い時間をかけて彼とのあらゆるすべてをようやく現実として受け入れることができました。

今でも彼への気持ちは揺らがずに持ち続けていて、だけど二度と形が変わることもないと認識を持った上で私は、彼へ人間愛というか友情までいつの間にやら抱いていたことも知りました。

もう私が彼へアプローチすることはありません。というよりも彼の意思を尊重しなければならないので出来ません。

そんな中で私が自身の過去の罪を打ち明け恥や批判を受け入れ前に進むことで、彼がいつか誰かを本当に好きになった時に勇気や希望を与えられたり、何かしらの役に立てたらとも密かに願いながら。。もしかしたらこんなに長ったらしい文章を起こした中での最大のアンサーはこれなのかもしれません(; ̄ェ ̄)

大草原でたったひとかけらの小さな光る石を見つけるような確率で彼の目にこのブログが触れる日が来ないことも承知ですが。。

 

こんなにまとまりも一貫性もなく滅茶苦茶な自分の姿にただただ呆れ怯え情けなくもなりますが。。もう嘘を纏わず素直で正直に生きることに怯えず、まっすぐ前を向いても恐怖感にさらわれなくなって自分らしくあるって何より尊くて大切なことも学び、

ただ好きってだけで突き進んだっていいじゃないか!馬鹿にされたって好きなんだからいいじゃないか!失うものはどうせちっぽけでどうでもいいプライドだけでしょ?なんてことも思いながら、膨大な時間を費やしながら駄文を公開している愚かで取りつく島すらない、私のブログについてでした!

これを読んで何が何でもこんな最低な私のような奴にだけは成り下がりたくないぞ!と決意を持って頂けたり、今あるご自身の素敵な要素を見つめ直したりする小さなキッカケだったりにもなれたならとても嬉しく思います(^ー^)ノ

 

ご覧下さりありがとうございました!

 

See you later!

コメント

タイトルとURLをコピーしました